単発の派遣会社登録とは?


「短期・日雇型の派遣登録」という言葉を聞くと、"ネットカフェ難民""ワーキングプア"を生み出す温床、各社社会の縮図など、どうしてもネガティブなイメージを持たれがちですが実はそういった側面ばかりではありません。

 

実際、子育て中の主婦や学業優先の学生、またはちょっとおこずかい稼ぎをしたい方たちなどの間では、長期での雇用よりも単発で出来る短期・日雇型の派遣登録のニーズはとても高く、大切な「働き方のひとつ」ともなっているのです。

 

確かに「日雇い」と言う言葉を聞くと劣悪な環境の元、不利な条件で働かされている…というイメージが付いて回りがちですが実際のところ単発での仕事の幅は多く、コンサートなどのイベントスタッフや、繁忙期の工場のラインスタッフ、引っ越し作業の補助スタッフ、パーティなどのコンパニオンなど職種も職場もいろいろあるのが短期・日雇型派遣の大きな特徴なのですね。

 

最近では本業を持ちつつも毎月の生活に少しでもゆとりを持ちたいと言うことから副業として短期・日雇型の派遣登録をされている方も非常に増えているのです。

 

例えば主婦や学生の方が「ちょっとお小遣いが欲しい、時間が空いたから働きたい」となった場合、普通のパートやアルバイトなら長期での採用が基本的に条件となるので、自分に合った仕事を探すのは非常に難しいと言わざるを得ませんが、短期・日雇の派遣登録ならあらかじめ登録さえ済ませておけば「働きたい時期に働きたい期間だけ」と言うように、自分の都合に合わせて働く事が出来るので非常に効率が良いのですね。

 

ただ日雇い派遣はあくまでも「単発での仕事」がメインになってしまうのでそれだけを生活の糧にしてしまうのはとても厳しいことに間違いありません。

 

ニュースなどで取り上げられているワーキングプアやネットカフェ難民などの問題もこのような日雇い派遣で受ける仕事を生活の糧にしている方が多く、ほとんどの方が複数の派遣会社に登録しながら掛け持ちで仕事をしているのが実情なのです。

 

正社員などと違って日雇など派遣登録での働き方は基本「仕事があるときだけ収入がある」と言う非常に不安定な雇用状態なので、単発がメインの日雇型では毎日の生活がやっとという状態の方も多く、またその状態から抜け出せずにいる方がほとんどなのですね。

 

日雇い派遣と言う働き方は働く条件次第で大きなプラスにもなる反面、マイナスにも働いてしまうリスクが高く、上手く取り入れることが大切です。

おすすめ派遣会社ランキング

テンプスタッフ

リクルートスタッフィング

アデコ

ランスタッド

トップへ戻る