派遣登録のメリットとデメリット


派遣と言うと「派遣切り」や「派遣難民」など最近のニュースではマイナスイメージばかり植えつけるような言葉が飛び交っていましたがはたして実際のところはどうなのでしょう?

 

確かに派遣社員と言うのは期間労働者であるので長期的にみるとデメリットとなる場合も少なくありません。

 

でもどんな働き方にもメリットと同じくデメリットがあり、派遣だけが特別と言うものではないのですね。

 

では派遣で働くと言った選択肢を選んだ場合、得られるメリット、そして被るデメリットにはどういったものが考えられるのか一緒に見ていきましょう。

派遣登録のメリット

派遣で働く際のメリットの一番目に挙げられるのが時給の高さではないでしょうか。

 

同じ時給制のアルバイトやパートなどと比べるとかなり優遇されていますが、ボーナスや各種手当が付かないので正社員と比べるとやはり厳しいと言えます。

 

その他にも自分のスキルが生かせる仕事が出来たり、職種を選ぶ事が出来ると言うのも派遣ならではのメリットであると言えます。

 

特に女子社員ならお茶くみなどの雑用を言いつけられることもありますが派遣では自分の仕事だけに専念できるので余計な事をしたくない、仕事だけに集中できるといったメリットもあります。

 

また契約の更新や働く条件の提示など就労にかかわる一切の手続きを派遣会社が行ってくれるため自分で手続きを行う必要がありません。

 

さらには残業がない、残業を行った際にはきちんと手当が出るのも派遣登録のメリット。

 

さらには実際にはなかなか就職する事が出来ない高嶺の花的な大企業や、有名企業に勤めることが出来るチャンスが多いのも派遣登録ならではの有利な点であると言えるでしょう。

派遣登録のデメリット

逆にデメリットとしてはやはり雇用期間の不安定さが挙げられるでしょう。

 

正社員ならよっぽどのことがない限り、雇用を切られると言うことはありませんが派遣の場合は期間労働者であるのでいつ契約の更新が切られてしまうかもしれません。

 

また給料面でもボーナス、交通費が全額、もしくは一部しか出ないと言ったことも多く、また時給制であるのでお盆や正月など休日が多いときには給料が減ってしまうと言ったデメリットがあるのですね。

 

また働く環境としては正社員と差が生まれやすく、責任のある仕事が回されない、同じ仕事ばかりの繰り返しなど派遣登録では与えられる仕事の種類の少なさ、待遇、範囲の狭さも不利な点であると言えるでしょう。

おすすめ派遣会社ランキング

テンプスタッフ

リクルートスタッフィング

アデコ

ランスタッド

トップへ戻る