常用型の派遣登録とは?


派遣登録は大きく「登録型派遣」と「常用型派遣」の2種類に分ける事が出来ます。

 

あまり聞きなれない2つの言葉ですが、実は派遣労働する際にはここのトコロが非常に重要なポイントとなり、働き方としても大きく違ってくるのでしっかりと把握しておくことが大切なのですね。

 

常用型派遣の説明をする前に「登録型派遣」とは何かを説明したいと思います。

 

登録型派遣とは「仕事がある期間だけ派遣会社と雇用契約を結ぶ」と言う雇用形態で、働いた分だけお給料が支払われると言うシステムです。

 

つまり派遣先の雇用期間が終了した時点で派遣会社との契約も終了、登録待機状態に戻るので給料を含めすべての保障の対象から外れるのです。

 

一方、常用型派遣とは「派遣元となる派遣会社と期間設定のない長期にわたる雇用契約を結ぶ」と言う雇用契約になります。

 

登録型も常用方も派遣先が決まれば雇用期間の間、派遣先で働くと言うことはどちらも変わりありませんが、常用型派遣の場合、派遣元となる派遣会社と「長期的な雇用契約」を結んでいるのでたとえ派遣先での労働期間が終わったとしても給料の支払いが保証されるのですね。

 

つまり派遣先がない状態であっても賃金・雇用の保証が継続されるのです。

 

モチロン保障は給与だけに留まらず、健康保険や雇用保険、有給休暇などの保障も対象になるので、常用型の派遣登録は一般的な労働者に限りなく近い形の保障がされると言っても過言ではありません。

 

登録型派遣の場合、雇用期間が途切れず契約の更新が成されれば問題ありませんが、短期の契約が分断された状態で続いてしまうとかなりの不利となってしまうのは間違いありません。

 

ただ登録型はデメリットばかりかと言うとそうでもなくて、紹介の案件を自分で選ぶ事が出来たり、色々な仕事を経験できると言う点ではメリットであるとも言えます。

 

ただやはり常用型に比べると雇用の形態としては非常に不安定であるので、派遣切りとか派遣難民とかニュースになるようなトラブルに見舞われるのはほとんどが「登録型派遣」であるとも言われています。

 

同じ派遣登録と言う働き方であっても、安定的な賃金・雇用の保障が得られる常用型登録の方が長期的に見て魅力であるのは間違いないでしょう。

 

  • 登録型派遣…派遣先の雇用期間=派遣元との契約期間となり、働いた分だけのお給料しか保障されない。
  • 常用型派遣…派遣元となる派遣会社と長期的な雇用契約を結ぶので、派遣先の有無にかかわらず給料・雇用が保障される。

おすすめ派遣会社ランキング

テンプスタッフ

リクルートスタッフィング

アデコ

ランスタッド

トップへ戻る