派遣登録とアルバイトの違い


派遣登録とアルバイト、どちらも給料は時給制で働いた分だけ報酬がもらえるところも同じ。

 

ではいったいどこがどのように違うのでしょうか?

 

まずアルバイトは直接お店や会社など実際に働く先と雇用契約を結びますが、派遣では派遣元となる派遣会社と雇用契約を結びます。

 

つまり派遣社員では実際に働く場所と雇用契約を結ぶところが違ってくるのですね。

 

ですから派遣登録で働いた場合お給料が実際に支払われるのは就業先ではなく派遣会社からになるのです。

 

ここが派遣登録とアルバイトの大きく違うトコロです。

 

さらにお給料の面ですがこれは間違いなく派遣登録の方が時給は高額になっています。

 

例えば工場や会社などにアルバイトやパートとして雇われるのと、派遣社員として働くのでは、ほぼ100パーセント派遣の社員の方の時給が高額になります。

 

なぜなら派遣で働くと言うことはすなわち即戦力であるとみなされ、初日から時給に合った働きを期待されるからです。

 

アルバイトやパートなどでは採用されてしばらく後は見習い期間などの猶予期間が与えられ、一つ一つ丁寧に仕事を教えてもらえることでしょう。

 

でも派遣社員ではそのような期間は一切ありません。

 

つまり派遣社員として派遣されるからには初めから100パーセントの働きを期待されているのですね。

 

派遣社員の高額な報酬はその分の働きを期待する意味でアルバイトよりも高額に設定されているのです。

 

さらにアルバイトでは基本的に長期の雇用を前提としているため、たとえ必要がなくなったからと言ってすぐに解雇するわけにはいきませんが、その点派遣社員では「就業先の会社の都合に合わせ決められた期間だけ採用する」と言ったように、言い方は悪いですが都合の良い使い方をする事が出来ます。

 

派遣社員にはアルバイトのように雇用の保障をしなくてよいと言う意味で報酬が高額に設定されていると言うのは間違いないでしょう。

 

モチロンたとえ派遣会社であっても出来ない仕事を無理やり押し付けたりすることはありません。

 

仕事を選ぶのはすべてこちらに決定権があるので嫌な仕事や出来ない仕事はしっかりと断ってください。

 

ただすべての就業先で即戦力が期待される派遣社員には派遣登録時に「スキルチェック」を必ず受ける必要があり、何が得意で何が出来るのかが非常に重要になってくるのですね。

 

モチロン登録した後もセミナーや講座、提携のスクールなどで常に自分自身のスキルをアップさせることが出来るのも派遣登録の魅力だと言えるでしょう。

おすすめ派遣会社ランキング

テンプスタッフ

リクルートスタッフィング

アデコ

ランスタッド

トップへ戻る